母子家庭でもカードローンを持てるのか?

【収入と信用があれば基本的に誰でもカードローンを利用できる】
カードローン、特に消費者金融が提供しているサービスは、気軽に多くの人がお金を借りられるということを意識したものです。もちろん、お金を借りるためにはいくつかの制約がありますので、すべての人が制限なく借りられるというわけではありませんが、基本的には収入があって信用の置ける人であれば誰でも利用できるサービスとなっています。消費者金融が提供するカードローンには、総量規制という制度があって、収入がない人はカードローンを利用できないことになっています。また、未成年者の利用は許されていませんので、成人しているということも条件となります。もし、こうした条件を満たしているのであれば、母子家庭でもカードローン審査に通過することができます。

もちろん、今までに何回もローンを利用してきて、返済ができなかったなどの、信用にかかわる問題を起こしているのであれば、申し込み審査の段階ではねられてしまう可能性が高くなります。しかし、普通にクレジットカードを利用していたり、ちょっとしたローンを使っているものの、きちんと返済をしていたりするのであれば、信用状況という点でも問題ありません。気兼ねなく申し込んでみると良いでしょう。

【収入や雇用形態によっては融資限度額が低めに設定されることもある】
母子家庭ということは、カードローンの利用に影響することはありません。しかし、パートタイムなどの非正規雇用であったり、収入が低い場合はどうしても、借りられる金額が低くなってしまいます。特に非正規雇用の場合は、若干融資限度額が低めに抑えられる傾向にありますので、思ったよりも借りられないということがあります。このあたりの基準はカードローン会社ごとに異なりますので、もし十分な額の融資が受けられないということであれば、いくつかの会社で申し込んでみると良いでしょう。

また、消費者金融だけでなく銀行系カードローンも試してみることができます。銀行系のカードローンは、審査は厳しいものの、場合によっては限度額を高くしてくれることもありますので、多めに借りたいという時にはとても助かります。きちんとした返済プランを事前に立てて、確実に毎月の支払を続けられるようにしておけば、大きな負担を感じることなくローンを利用し続けていくことができます。カードローンの審査に通ることも大事ですが、きちんと完済できるように前もって返済計画を立てるということも、家計を上手にやりくりするために大事なポイントとなります。